妻がカードローンに申し込む場合の夫の信用情報

妻がカードローンに申し込むと夫の信用情報に影響しますか?

妻がカードローンを申し込んだ場合、夫の信用情報に影響はあるものなのでしょうか。

例えば妻が利用しているカードローンが家を購入するときの住宅ローンに影響があるとしたら大変なことです。
住宅ローンを組んだ方はご存知だと思いますが、銀行側から突きつけられる要求はかなり詳細で、使っているクレジットカードやキャッシングカードは全て解約して欲しいと言われたことがある人も多いと思います。
住宅ローンは何千万円という高額な金額の融資になりますから、銀行側は調べられるものはとことん調べるという姿勢で審査をしますので、このように詳細な要求になるのです。
こんなに細かいところまで調べるのだから、当然妻のカードローンも調べられると思われがちですが、妻がローンを組むわけではないのなら調べられることはありません。
100%夫のローンで夫のみが債務者になるのなら、夫の信用情報しか調べることはないからです。
ただし、妻もローンを組むのならば妻の分も調べられます。

 

パソコンと女

 

つまり、ローンを組むのは誰か、ローンを組む人の信用情報を調べられるというわけです。
信用情報照会をするのには、債務者本人の情報だけしか調べられないような規約があります。
余計な照会はしてはいけないことになっていますので、ローンを組まない妻は調べられることはないのです。
ですから、妻がカードローンを利用していようがクレジットカードを利用していようが何も問題は無いのです。

 

時々、妻との共有名義で家を購入するという方がいらっしゃいます。
共有名義でも、妻はローンを組まずに夫のみがローンを組む場合も上記と同じで夫のみの信用情報で済みます。

 

最近は銀行も住宅ローンのノルマが厳しいようで、親切に何を解約すれば良いのか教えてくれるところもあります。
妻がパートに勤めている方はもちろん、専業主婦でも借りられるカードローンはあります。
キャッシングできるカードを一枚持っておくと、何かあったときに心強いものです。
申込みがまだの方はぜひこの機会にどうぞ。

 

 

 

家計のピンチに役立つ!専業主婦に人気のカードローンランキング