カードローンの返済期日に間にあわない時の対処方法

返済期日に間にあわない時の対処方法

カードローンを利用していると、必ずしなければならないのが返済です。
借りたお金は返すという言葉があるように、カードローンはお金を借りるという行為になりますので、借りた分は利息を上乗せして支払いをしなければなりません。
しかしながら、返済日にどうしてもお金を支払えないという状況に直面することもあります。
頼りのお給料が少なかった、給料日が遅れてしまった、急な出費が入ってしまった等、いろいろな理由があります。
しかし、返済日は待ってくれません。
時が来れば必ず来るものです。

 

支払いたいけど返済日には支払えない、そんな時はどのような対応をするのが良いのでしょうか。

そのような状態に陥ってしまった場合、必ずして頂きたいのがカードローン会社への連絡です。
それも、返済日前遅くても返済日当日に電話で結構ですので連絡しましょう。
何故かと言うと、返済日を一日でも過ぎるとカードローン会社は督促業務を開始するからです。
督促とは、支払いをしていない人に支払いをしてもらえるように促す作業のことで、書面や電話で顧客と連絡を取ります。
ここで身内にバレてしまうケースが多いのです。

 

時計

 

もちろんカードローン会社もバレないように細心の注意を払って業務を行いますが、支払いをあまりにもしていないと書面や電話では収まらず、家に訪問されるケースもあるのです。
怖いことを言うようですが、これは嘘ではなく事実です。
ですから、返済日に支払いがどうしてもできないという場面に直面したら、必ず返済日前か当日に連絡するようにしましょう。
電話で話す内容ですが、

  • 返済日に支払いができないという旨
  • 何日になら支払える旨

の二点を伝えるようにしてください。
特に需要なのが、下段の支払える日にちです。
具体的に○日になら支払えると伝えておけば、それまでは督促をしないようにしてくれますので、その事実を伝えるようにしましょう。
遅れそうな場合は支払いを放置せず、必ずカードローン会社へ連絡をしてください。

 

 

 

家計のピンチに役立つ!専業主婦に人気のカードローンランキング