銀行系のカードローンの特徴

銀行系のカードローンの特徴について

専業主婦が申し込める銀行系カードローンとはどういうカードローンなのでしょうか。

気になる銀行系カードローンの特徴をいくつか挙げてみました。
銀行には預金・為替・融資など、様々な業務があります。

 

その中でも融資は法人向けと個人向けの二種類があり、銀行系カードローンは個人向け融資の枠に入っています。
銀行が直接運営をしている形になりますので、銀行の支店内に自動契約機が設置してあったり、申込書付パンフレットが置いてあったりします。
銀行系カードローンは豊富な資金源が背景にある銀行ならではの強みを生かしたサービスを多数展開しています。

 

例えば金利面などを見てみると、他社では最高金利18%というところが多いのに対して、銀行系カードローンは15%前後の設定になっているところもあります。
最高金利だけでも約3%の差があるのです。
限度額の面でも、他社は300万円程度に対して、銀行系カードローンは平均すると500万円、一番高いところで800万円までというところもあります。

 

銀行

 

銀行系カードローン最大の特徴は「総量規制対象外のカードローン」である点です。
総量規制というのは、貸金業法の中の一つの法律で、専業主婦の借入に関して様々な規制をしているものです。
この法律の施行により、貸金業法に基いて営業をしている消費者金融・信販等のカードローン会社は専業主婦の借入を禁止してしまいました。
しかし、銀行系カードローンは銀行法に基いて営業をしているため、総量規制とは何ら関わりがないカードローンになっています。
これを世間では「総量規制対象外」と読んでいるのです。
総量規制対象外の銀行系カードローンは、現在でも専業主婦の借入はできますので安心して申込してください。

 

このように、銀行ならではの強みを生かしたサービスや総量規制対象外のカードローンであるという理由から、銀行系カードローンを好んで申込をする方が大変増えています。
まだ利用していないのであれば、この機会にぜひ申し込んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

家計のピンチに役立つ!専業主婦に人気のカードローンランキング